マー

2011年ラスト★華蔵寺の精進料理


マーをご愛顧頂いている皆様、本年もありがとうございマーした。
今年最後のマーを大晦日に発信しております。

今回は、枕木山にある華蔵寺で精進料理が食べる事ができ、その上かなり美味ということで、行ってまいりました。


入口


今回は会長も調査に参加。
この後の長く険しい道のりに合わない紳士な服装・・・




 

早速・・・

長~い石段。
息が切れる調査員続出。

上り終え仁王門到着。

門の両側で仁王像がお出迎え。
立派な仁王像だな~と、その場を後にし進むこと数百メートル。



!!!!!!!!
んん!?


でけーーーー!!!!
巨大な不動明王がお出迎え。


写真じゃわかりにくいので、会長と比較。
うん。デカイ。

調査員のほとんどがこの像のことを知らず、「デケー」「スゲー」だの大騒ぎ。
大きな子供大量発生・・・。

そして、再び長い石段。

いい加減・・・お腹空いた・・・

階段を上り終えようやく到----着!
歴史ある立派な建物。


門をくぐりようやく、

食事の席へ。

待つこと数分・・・



精進料理登場!
11123111.jpg

シンプルながら食欲をそそる色と香り。

ここで、食事を前にお経を唱え、精進料理の作法等説明を受けます。

とにかくどれを食べても、「おいしい」。
薄味だけど複雑で物足りる味。
「うまい」というより「おいしい」といった感じ。

隊員もなぜかお上品に!?

全員手添えてる!?


普段から食事を作ることの多い隊員はこの味付けの秘訣が気になる様子。

今回は、住職がサービスで一品増やしてくれました。
(通常は、一品少なく、季節によって内容が異なるそうです。)


最後に茶室に移動し、住職手作りの器で抹茶を頂く。


心も体も満足できる良い調査でした。
(この写真の時は全員帰りの険しい道のことを忘れています。)
 

住職より、「もっと多くの人に食べてほしい」との事でした。
行って良し、見て良し、食べて良しなので、ぜひ一度訪れて頂きたい。

しかーし、
1.要予約だが電話(0852-34-1241)に出られないことが多い。
2.まとまった人数での予約が必要。(要確認)
3.道程が険しい

といった問題点が・・・

しかーーし、
今年最後のマーは一味違います。
対策をお教えします。

1←FAX(0852-34-1241)を送る
2←他の予約があるかもしれないので、とりあえず申し込み
3←入口を通り過ぎ、しばらく行くと境内に直接行ける近道があります。(駐車場有)

どうですか?(ドヤ顔)

 

華蔵寺情報 >> http://www.shinbutsu.jp/38.html

 

マー、ということで来年もゆるくお届けしていきますのでご期待ください。

このレポートを書いている調査員は、この後、この味をすべて忘れる経験をしていますが、その話は次回・・・

to be continue...

コメントする

※コメントするには、名前(ニックネーム可)とメールアドレスの入力が必要です。
※入力されたメールアドレスは、公開されません。

  • おどん
  • マー
  • 松江水郷祭「まつえだんだんまつり」
  • 松江水燈路
  • YOUTUBE松江YEGチャンネル

ページの先頭に戻る